【いしかりライナー廃止】ダイヤ改正で各駅停車に格下げの理由は?

北海道の快速列車「いしかりライナー」が2020年3月のダイヤ改正にて各駅停車に格下げというニュースが流れましたね。

11月までは「廃止は検討中」という表現でしたが、12月3日に廃止が確定しましたね。(正式発表は月内に行われる)

廃止の理由とは?今後どうなるのか?世の中の方々の反応などまとめてみました!

いしかりライナー廃止?各駅停車に格下げの理由とは?

いしかりライナーは、
手稲駅ー札幌駅間、
または札幌駅―江別駅を区間快速として走る区間快速電車。

2パターンあるとは少々分かりづらいのですが、「いしかりライナーが無くなるなんて…!」と残念に思う方が多いみたいですね。

格下げの理由としては、苗穂や発寒など現在通過する駅の利用者が増えていることを考慮したためとしています。

ただ、区間快速を各停にすることで、
「便を減らして経費削減?」という考え方もできなくはないですね。

札幌から岩見沢方面の快速がなくなるのもあって、不安や不満が残るような結果になってしまいましたね。

いしかりライナー各駅停車へ格下げでツイッター民の反応は?

ツイッターを見ると、賛否両論ですね。
まずは、反対派はこんな感じ。

https://twitter.com/kousakav6/status/1201663254428172295

反対運動をするぞ!というツイートもあったくらい反対派は多くいらっしゃいましたね。

その一方で、賛成派はこんな感じ。

いしかりライナー廃止で今後の本数はどうなるのか?

なかには、疑問に思う方も。

気になるのは、本数や所要時間。
今後どうなっていくのでしょう。

コチラに関しては、また正式発表が行われれば詳しく分かるかと思われますが、いしかりライナーを利用していた人が困らないようなダイヤ改正にしてほしいですね。。

いしかりライナー廃止の理由は?のまとめ

今回、いしかりライナーの廃止の理由についてと、世の中の反応を簡単にまとめてみました。

これまで便利だと思っていたものが廃止って結構衝撃ですよね。

まだ分かりませんが、
もしこれが各駅停車の本数が減る
ということになってしまったら、
北海道民は確実に困りますね。。

JR北海道はどう動くのか、
また何か分かり次第更新いたします。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!